読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センター0番を目指して

基本甘々、自由で語彙力皆無な永瀬担による完全なる自己満ブログ(∂ω∂)

廉くんの二番手問題について

初めまして。
廉くんを応援して3年と7ヶ月が経ちます。4月から専門学生な為あまり更新できないとは思いますが、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。
ちなみにヲタ歴も上と同じくらいな為、本当にジャニーズについてはど素人です(笑)

そんな素人が初めての記事でこんなことを綴るのもどうかと思いますが、最近何かと考えていた「永瀬廉くんの立ち位置」ついて自分なりに気になることを書いていこうと思います。

 

 

 何について考えているのか、ズバリ言ってしまうと「二番手で満足してしまっている」ということです。いや、これは私が改まってこんなことを書かなくてもきっと皆さん(特に永瀬担の方)も同じように感じているとは思いますが・・・。

ありがたいことに今一番推してもらっているMr.KINGの3人。3人の特に廉くんと紫耀くんに焦点を当てますが、紫耀くんはいわゆるセンター。そして廉くんは二番手といいますでしょうか。そのような立ち位置だと認識しています。

率直に言うと、今の廉くんはその立ち位置に満足している、してしまっているようにこちらには映ります。紫耀くんを超えたいという気持ちがどうも伝わってこないといいますか、寧ろ"センターは紫耀くんに任せる感"がしてなりません。

本人がどう思っているかそれはわかりません。ただ、私はそういう風に感じています。(年明けの情報局動画では「一人でのお仕事も増やしたい」というようなことを言っていましたが、どんどん前に行きたいっていう趣旨とはまた違うのかな?とも思います。)

この前の恋人にしたいジュニアランキングでもありがたいことに引き続き2位を獲得することができましたが、そのコメントも2位で満足しているような内容だったと思います。

また彼については、”完全なセンターではない”が通常センターカラーに使われる(?)赤をメンカラとしてもらえたり、歌割りもなんとなくいいとこを歌わせてもらってるといいますか(まあ歌割についてはいろんな決め方がある為一概には言えませんが)、そういうようなこともあって尚更満足してしまっているのかな?とは思います。

二番手って一番楽なんですよね(笑)私も中学生の頃吹奏楽部で同じような経験があるため気持ちがわかるような気がするというか・・・。周りから見るとまあまあいい立ち位置にいる風に見えるし、だけど一番の人が背負わなくてはいけないようなプレッシャーや責任がそんなにない、といいますか。

 

なんだろう、一番になる人と二番手で止まる人ってやっぱりそれぞれ共通点があるんですよね。まあ一番は仕事に対するやる気の差だとは思いますが。仕事に対する意識についてはかなり紫耀くんとの差があると感じています。それプラスきっと廉くんの性格のせいでもあるのかな?という気もしますが。本番に弱い、緊張しがちというところですね。この点については私たちファンも気になる点ところではありますよね、、

2015夏のMステでは最後にまさかのフレームアウト、去年も歌いだしからがっちがちなのがよ~く伝わってきました(笑)もちろん緊張するということはそれだけ本気な証拠だし、またそれも彼の良さでもあるのかなとは思いますが、ただやっぱりそういう点を見てしまうとまだまだ紫耀くんにはかなわないなあとは思います。廉くん自身もいつかの雑誌で言っていましたが、そういう紫耀くんみたいな堂々としているところや本番に強いところはこれから少しずつそうなれるようになってくれるといいかな。と思います。

 

やはり自担のことなのでもっともっとどんどん前に上に出てほしいっていうのが正直なところです。ぶっちゃけ今の立ち位置については悔しさしかありません。本人のやる気やそのような気持ちがみえてこないからなおさら悔しいです。推されてるのに何をこれ以上?と思う方もいると思いますが、だからこそです。まあそういう点がきっと周りからも「単に推されているだけ」と思われる原因のひとつだとも思いますが。もっと明らかな向上心を見せてほしい。私はそう思います。

なんか、すっごくもったいない気がします。いいところたくさんあるのに、全然見せようとしていない。いや、見せようとはしているんだけど、なんだろう、中途半端といいますか。あのルックスだし、本人がやる気になればいいとこまでいけるんじゃないか?って思っているんですが(笑)もっと自分の魅せ方を変えてほしいなあ、とは感じます。とにかく今の現状に満足してほしくないということですね。

やっぱりジュニアなので今は任されたお仕事を全力でやるのみだとは思いますが、やる気に関しては事務所にもっと見せられるのでは?とも思います。まあ事務所怖いですからね(笑)あまり下手なことはできないんでしょうけど(笑)

でもやっぱり今のこの現状、完全には満足できていないのが本音です。いや完全に満足している人は少ないんじゃないかなとは思いますが・・・。

 

彼らが東京に来てからはどちらかというと、私はグループで応援したいというより、自担をどんどん推したいという感じなので(なにきんが離れてしまったということもありますが)、これから廉くんにはぜひ上を上を目指して頑張ってほしいなあと思うところです。

4月から大学生ということで、4年後ひとまわりふたまわり成長して帰ってきてくれることを楽しみにしています。

 

いつか彼が真ん中に立つ姿を見られますように。